コレステロール値が高い原因は肝臓に関係している

コレステロール値が高い原因は肝臓に関係している

コレステロール値が高い原因は肝臓に関係している

コレステロール値が高い原因は肝臓に関係している

血液中に溜まったコレステロールは体外へ!【リボフラビン酪酸エステル】の素晴らしい働き!ラングロン100カプセル

コレステロール値が高い原因は肝臓に関係している

健診でコレステロール値が高いことを指摘されても「まあ、自覚症状もないし」と放っておく人は多く、これを放置しておくと、体の中では静かに動脈硬化が進行し、血管の内側が狭くなって、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険が高くなります。

この血管の老化ともいえる状況をつくりだす危険因子の一つがコレステロールなのです。

動脈硬化はかなり進行しないと自覚症状が現れません。

ここで、健診結果の数値をもう少しよくみてみると、以前は総コレステロールを問題にしていましたが、これだけでは正確にリスクを把握できないとして、いまはLDLコレステロールやHDLコレステロールの数値をみるようになっています。

LDLコレステロールはいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれ、この数値が高くなるとよくありません。

逆に、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれ、この数値が低いのはよくないのです。

そのため、総コレステロール値が高めでもHDLコレステロール値が高く、ほかに高血圧や糖尿病、肥満がない人は、それほど心配いりません。

逆に、HDLコレステロール値が低く、ほかの病気がある人は注意が必要です。

コレステロールは体内に存在する脂質の一つで、常温ではやや黄色味を帯びた白っぼい固体です。

血液中には4種類の脂質がありますが、中性脂肪や遊離脂肪酸がエネルギー源になるのに対し、コレステロールやリン脂質は主に細胞の構成成分として働きます。

コレステロールは細胞を構成する細胞膜の材料になっています。

人間の体は約60兆個の細胞で構成されていますが、一つ一つの細胞を家にたとえると、コレステロールは家を支える屋台骨のような役割を担っています。

また、副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどホルモンの材料であり、脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の材料、ビタミンDのもとにもなっています。

「悪玉」などと呼ばれていますが、本来は生命維持になくてはならない大切な成分なのです。

動脈硬化が進んだ血管にはコレステロールが多く沈着していることや、総コレステロール値が高い人は虚血性心疾患の発症率が高い、死亡率も高いなどの研究結果が発表されていますので、コレステロール値が高いことは危険とされてきました。

ですから、多すぎてもいけませんが、コレステロールの大切な働きを考えると、不足しても困るのです。

不足すると免疫力が低下して短命になるともいわれています。

成人の体内にはおよそ100〜140gのコレステロールがあり、全身に分布して働いています。

最も多くあるところが脳・神経系です。

多くのコレステロールを必要としているところです。

ついで結合組織・脂肪組織・組織液、筋肉や皮膚、そして血液中や肝臓をはじめとしたさまざまな臓器に分布しているのです。

コレステロールは脂質なので、水が主成分である血液には溶けず、単独では血流に乗って移動できません。

リン脂質やたんばく質の水に溶けやすい部分を外側にして、コレステロールや中性脂肪を内側に包み込むような「リボたんばく」という粒子を形成し、水溶性となって血液中を移動します。

「リボたんばく」はいわばコレステロールや中性脂肪を運ぶ船のようなものです。

含まれる脂質の割合によって、5種類があります。

LDLもHDLも「リボたんばく」の種類で、コレステロール自体には違いはないのです。

本来大切な役割をもつLDLが悪玉といわれるのは、肝臓から全身に循環する途中、臓器や細胞で使われなかった余分なコレステロールを動脈壁に押し込んでためてしまい、動脈硬化の原因をつくってしまうことがあるからです。

HDLが善玉といわれるのは、逆に血液中や動脈壁にたまったコレステロールを引き抜き、回収して肝臓に届ける役割をしているからです。

コレステロールは70〜80%が肝臓などで合成され、残りの20〜30%が食べ物から吸収されています。

体内で適正な量になるよう、合成と吸収の量を調整しています。

カテゴリ
LDLコレステロールが増えすぎると動脈硬化になる
動脈硬化を起こす中性脂肪とコレステロールの関係
メタポリックシンドロームとは
太るとコレステロールも増える
脂質異常症の疑い
コレステロール値は食習慣に原因
食べ過ぎない知識
食事を抜くと太りやすい
夜9時以降に食べると太る
外食のメニュー選び
間食は脂質と糖質に注意
お酒はつまみに注意
コレステロールが多い食品を知る
肉の食べ方
卵の食べ方
牛乳や乳製品の摂り方
中性脂肪には糖質に注意
コレステロールの吸収を抑える食物繊維
食物繊維の目標量
野菜で食物繊維を摂る
豆類で食物繊維を摂る
きのこで食物繊維を摂る
海藻で食物繊維を摂る
芋で食物繊維を摂る
抗酸化物質でコレステロールの酸化を防ぐ
野菜でビタミンCを摂る
野菜やナッツでビタミンEを摂る
カラフル野菜でカロテンを摂る
赤い魚介でアスタキサンチンを摂る
植物性食品でポリフェノールを摂る
玉ねぎやニンニクでイオウ化合物を摂る
魚介類でタウリンを摂る
大豆でたんぱく質を摂る
魚でIPAとDHAを摂る
脂質を上手に摂る
運動習慣がコレステロール値を改善
毎日30分の運動が大切
無理なく運動を続ける
有酸素運動の基本はウォーキング
正しい姿勢でウォーキング
筋力アップで代謝が高まる
運動前後のストレッチが大切
日常の中で活動量を増やす
たばことコレステロールの関係
禁煙に挑戦する
水を飲んで血液サラサラに
早寝早起きで代謝をアップ
ストレス解消が脂質異常症の改善
入浴の健康効果
リンク集
Copyright (C)コレステロール値が高い原因は肝臓に関係しているAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします