猫のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

猫のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

猫のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは


猫のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

猫にダニがついてしまったような場合には、猫に殺虫剤を使いたくなりますよね。

しかし、猫に殺虫剤を使うことは大変危険なのです。

害虫駆除剤や殺鼠剤、ノミ取り首輪などの化学物質などは、猫に中毒症状を起こさせます。

中毒症状とは、よだれを流したり、瞳孔が縮まったり、震え、運動失調、痙攣発作などを起こします。

また、嘔吐や下痢、あるいは口腔内のただれといった消化器症状が強く出るもの、出血傾向や可視粘膜の蒼白化、頻脈といった貧血症状を起こすものなどもあるのです。

そして、死に至ることもあるのです。

ですので、猫についたダニ退治には、絶対に殺虫剤を使ってはいけないのです。

また、燻煙式の殺虫剤を日中焚いてもダニは夜行性ですので、安全な場所に隠れており、ほとんど効果がないと言われています。

また、ダニの死骸はハウスダストの原因となります。

小さいお子様やペット、肌の弱い方には大きな負担になります。

また、猫にダニがついてもあまりかゆがらない為、かく仕草などからの判断はできません。

血を吸う前のダニはゴマ粒大の薄っぺらな形をしていて、色はグレーや茶色をしています。

血を吸うと黒く膨れて小豆粒大になり、大きなイボかホクロのように見えることがあります。

ダニは、皮膚が薄く付着と吸血が容易な場所である、猫の頭や耳、目や口の回り、脇の下、喉、指の間など多いのです。

また、ダニは人間にもつきますので、ダニは退治しなければならないのです。

しかし、あきらめてはいけません。

ダニ対策にとにかく売れています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カテゴリ
ペットに寄生するダニとは
ダニを退治する掃除と洗濯方法とは
掃除機でダニを退治できるか
じゅうたんのダニを熱で殺す方法とは
リンク集
Copyright (C)猫のダニ退治に危険性のない殺虫剤とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします