酒飲みの母へのプレゼント

酒飲みの母へのプレゼント

酒飲みの母へのプレゼント


酒飲みの母へのプレゼント

酒飲みの母へのプレゼントは、何がよいでしょうか?

やっぱりお酒ですよね。

大好きなお酒をプレゼントするのが一番ですよね。

しかしですね、せっかくのプレゼントをする機会ですから、少し考えてみたほうがよいかもしれませんね。

酒飲みっていうのは、長期間にわたってアルコールを飲み続けていますよね。

長期間にわたってアルコールを飲み続けていると、肝細胞で中性脂肪の生成が高まるんですね。

そうなると、肝臓に中性脂肪がたまり始めるんです。

これを脂肪肝といいます。

またですね、長期間にわたってアルコールを飲み続けていると、肝臓は絶えずアルコールの代謝をしなければならなくなります。

そうなると、肝臓内の酵素の消費量が増えるんですね。

消費量が増えすぎると、肝細胞が絶えず酸欠の状態になるんです。

アルコールを分解するときにできる有害物質があります。

これをアセトアルデヒドといいます。

これが二日酔いの原因といわれます。

このアセトアルデヒドは肝細胞内で働く酵素の活性を低下させるのです。

これによって、過酸化脂質を増やし、肝細胞を壊していくのです。

これをアルコール性肝炎といいます。

アルコール性の肝障害の進み方には、個人差があります。

実は、女性は男性より明らかに早く肝障害が進むといわれているんです。

女性は男性の半分以下の酒量でも、肝障害が進むこともあるんです。

その原因は女性ホルモンの影響といわれています。

ですので、お母さんが酒飲みであるのであれば、注意が必要なのです。

しかし、安心してください。

アルコールが原因で起こる肝障害は、禁酒をすれば治るといわれているんです。

禁酒をすれば、肝細胞内にたまっていた中性脂肪や水分が血液中に放出されるんです。

では、お母さんに禁酒させますか?

酒飲みに禁酒させるのは酷なんですよね。

であれば、肝臓によい食品を食べるしか肝臓をいたわる方法はないんですよね。

ラットの実験で、アルコールだけを飲んだ肝臓と、アルコールと「タウリン」という成分を一緒に飲んだ肝臓を比べてみたそうです。

アルコールだけを飲んだ肝臓は、肝細胞膜などが酸化され、有害な過酸化脂質が増えました。

一方、アルコールとタウリンを飲んだ肝臓は、過酸化脂質の生成が抑えられたのです。

つまり、タウリンがアルコールから肝臓を保護したのです。

では、タウリンとは何でしょうか。

タウリンとは、アミノ酸の一種で、肝細胞の膜を丈夫にする働きがあるのです。

タウリンは、肝炎などで壊れた肝細胞を修復してくれます。

肝細胞の酵素の合成を高める働きもあります。

アルコールが肝細胞を傷めるのも防いでくれるんです。

すごく肝臓に良い成分なんですね。

そして、このタウリンを豊富に含んでいるのが、しじみです。

また、しじみには肝臓の働きを助ける「メチオニン」や「ビタミンB12」も豊富に含んでいます。

つまり、酒飲みにはしじみが良いということなんですね。

滅多にないプレゼントを贈る機会ですから、肝臓をいたわるものがよいかもしれませんね。

↓酒飲みの母へのプレゼントにしじみのサプリメントはいかがですか?↓

カテゴリ
アミノ酸は肝臓に負担があるのか
ウコンは肝臓に負担があるのか
オルニチンは肝臓に負担があるのか
肝油エキスは肝臓に効果があるのか
セサミンの肝臓での効能とは
卵黄コリンの肝臓での効能とは
田七人参の肝臓での効能とは
プロポリスの肝臓での効能とは
マリアアザミの肝臓での効能とは
レシチンの肝臓での効能とは
リンク集
Copyright (C)酒飲みの母へのプレゼントAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします