支払可能見込額調査の義務



個別包括クレジット業者登録申請代行

支払可能見込額調査の義務

スポンサードリンク
個別包括クレジット業者登録申請代行>支払可能見込額調査の義務
支払可能見込額調査の義務

平成22年12月17日から、改正割賦販売法の第2段階が施行されます。

これは、クレジットでの過剰与信を防止するためにクレジット会社に「支払可能見込額」の調査が義務付けられ、「支払可能見込額」を超えるクレジットの利用は、原則禁止となります。

詳しくいいますと、商品等の購入にクレジットを利用するためには、クレジット会社の審査を受ける必要があります。

この審査は利用者等が購入しようとする商品等について、クレジットの支払ができるかどうかを確認するためのもので、様々な項目を様々な角度から調査し、総合的に判断します。

平成22年12月に施行される改正割賦販売法では、このような審査について、クレジット会社が調査すべき項目を法律的に明記するとともに、利用者等の1年間の「年収等」、「生活維持費」、「クレジット債務」に基づく「支払可能見込額」を算定して審査する事を義務付けました。




(*)割賦販売法とは

割賦販売法は、クレジットで商品等を購入する取引に関してのルールを定めた法律をいいます。

クレジットで商品等を販売する際の条件表示、書面の交付などを販売会社やクレジット会社に義務付け、一定の条件をもとでクレジットで購入した商品等の代金の支払を停止できる権利やクーリングオフなどについて規定しています。

Amazonで割賦販売法を調べる
カテゴリ
個別包括クレジット業者登録申請

個別信用購入あっせん登録申請書類

包括信用購入あっせん登録申請書類(既登録)

包括信用購入あっせん登録申請書類(新規)

改正割賦販売法が規定する社内規則とは(個別信用購入あっせん)

改正割賦販売法が規定する社内規則とは(包括信用購入あっせん)

改正割賦販売法の解説

クレジット契約のクーリング・オフ

改正割賦販売法でのクレジット事業とは

指定信用情報機関とは

クレジットカード事業者の義務


改正割賦販売法の基礎知識


支払可能見込額調査の義務

<Q&A>専業主婦のクレジット利用

<Q&A>年金受給者のクレジット利用

<Q&A>夫婦共働きのクレジット利用

<Q&A>クレジット債務の調査とは

<Q&A>毎日の買い物のクレジット利用

<Q&A>現在所持のクレジットカード利用

<Q&A>クレジットカードの利用限度額の一時的増額

<Q&A>専業主婦の個別クレジット利用

<Q&A>小額な商品の個別クレジット利用

<Q&A>支払可能見込額を超える個別クレジット利用

Copyright (C)個別包括クレジット業者登録申請代行All Rights Reserved